地元新聞(朝倉・うきは・田主丸版)7月号にて掲載していただきました「腰痛治療」に関してご紹介します!

掲載記事はこちらからチェック!>>>

 

リハビリ専門国家資格のひとつである理学療法士』が実際に腰痛を治療する際の進め方について、一例をご紹介します。

腰痛の原因は

①骨折・筋挫傷、

②内臓由来、

③神経由来、

④関節由来 などさまざまです。

原因の中でも④関節由来から治療を進めると、腰痛の原因を区別し易く、治療の優先順位をつけることで、安全に治療を進めることが出来ます。

具体的には下記の手順で進めることにより、腰痛の原因を探りながら適宜治療を実施します。

(1)腰が痛くなる姿勢や動きの確認

(2)痛む部位に損傷がないかを確認

(3)手足を動かして痛みがどのように誘発されるかを確認

(4)原因と考えられる部位を治療して誘発される痛みの変化を確認

 

リハビリ専門職である理学療法士は、

確認→治療→確認を繰り返しながら、

安全に治療しますので、外傷後や手術後などの不安がある方でも

安心して治療ができる専門的な資格といえます。